Back to TOP


私の思いつくまま、気ままな日記です。

これまでの日記はこちら >>>


Page: [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
デルコンピューター
□ 2001/07/13(Fri) 10:29:38

昨日の日記に書いたけど、無事、パネラーをしました。生産性本部西日本大会というイベントで、各地の大手企業の経営者、幹部の方が会場に500人。壇上から見ると、まぁ、男性、男性、オンリーの会場でした。女性が1人いた!と思ったら、うちの広報の大崎でした(笑)
同じパネラーとしてご一緒したのがデルコンピューターの吹田会長。直販・オーダーでコンピューターを販売する、という仕組みのお話しは当然ながら、控え室でお聞きすると、徹底したコストダウンのため、本社は決して都内ではなく川崎。支店はもたず、地域は提携企業やホームワーカーを活用しているという。ご本人は運転手付の車など、乗らない、といっておられ、もっぱら国内は新幹線で移動だそう。
企業姿勢を聞きながら、こうした明確な考え方が徹底しているのが凄いと思った。すぐにデルのサイトを開いている私。。。。http://www/dell.com/jp
ビッグな方方
□ 2001/07/12(Thu) 07:17:18

今日、ある団体主催の大きな講演会がある。私はパネラーだけど、そのパネラーの顔ぶれが凄い。というか、凄い顔ぶれだったから受けたというべきか。。デルコンピューターの会長、経済キャスターの西村晃氏など、なかなかお会いできない方々と同等??の席で壇上に立てるのは、このうえなく光栄かつずうずうしい私。
振り返ると営業活動の多くは、こうした講演会やパネルディスカッションの席でお会いした方々との出会いがきっかけになったケースが多い。
不釣合いな場も、チャンスを与えられたと思って、とにかくチャレンジしてみることにしている。今日はどんなお話しになるのかとても楽しみです。
230万人の根拠とこれから
□ 2001/07/11(Wed) 08:10:28

先日、弊社の記事が日経新聞に載った。かなり大袈裟な内容ながら事実でもある。
会員がもうすぐ5万人になる。その人たちの中には、自分でメールマガジンを出していたり、メーリングリストを主催している。各自に聞いて回って、申告してくれたコミュニティの参加者の数を入れると230万人に広がる、という計算式を記事にしていただいたものだ。あちらこちらから、230万人って凄いね、とか、銀行さんが飛んできて「お金を借りませんか」とか「出資したいのですが」という人が現れてくる。。。
でも、これは、私のネットワークではなく、HERSTORYを通じて出会った方が大切に作っている会員自身のネットワークだ。
この新聞記事を読んで、「ある意味、上手なネズミ講システムだね」と言った人がいた。「ちがう、ちがう」ネズミ講は、何段階かになって利益が吸い取られ、末端の購入者がその数人分の利益を一緒に払わされている、という暴利な価格帯の商材を消費者に提供しているカタチだと思っている。
HERSTORYの代表として、私に課せられている仕事は、もっともっと客観的に、利益は正当に、参加した多くの方が携わってよかった、と思える
『社会にいいこと』をわすれす゛に進むことだ、と心新たに決意させていただいた。そういう意味でも新聞に出たり、他人に批評されることはとても有意義だと思っている。
□ 2001/07/08(Sun) 21:05:40

社員総会が終わった。なんと言っても今年のメインは、社員ひとりずつの『自分ライフプラン』(私の夢)の発表だ。ひとり3分ずつ約90分かけて、みんなの夢を聞いた。企画書にして出す人、言葉で話す人、ホワイトボードを使う人、表現も夢も全員当然だけど違っていた。
今回、テーマを与えてみて、数人の人は、自分の未来や夢を考えたことがなかった、と言っていた。冗談なのか、無理やりなのか、本気なのか、思いつきかは別として、一攫千金を目指す!と宣言した人、お好み焼きやを開くという人、村おこし事業をするという人、介護体験から介護用品を作って特許暮らしをしたい人・・・などなどさまざまだった。
夢があることは素敵。夢があるから、向かっていける。夢があるから生き生きできる。夢を考えたことのない人も、他人の夢を聞いているだけで、人間って素晴らしいと思えるはずだ。一年に一回の七夕の日でしたが、自分の夢発表は、仲間の知られざる姿に触れ合えて、さらに親近感がもてたとも思う。いろんな人が集まって会社が成り立っていることを実感しました。
社員総会
□ 2001/07/07(Sat) 07:26:55

ここのところ日記をおろそかにしてました。毎日、ほんの少しでもいいから書きつづけよう。と思ってはじめたけど、やっぱり毎日書くってそれだけで大変ですね。

ここのところ決算と社員総会の準備などで、根をつめてオフィスでデスクワークしていました。
今日は、社員総会。20人以上のスタッフになり、今年は趣向をかえて、1人ずつ3分スピーチの時間をとりました。これだけで60分とりますが、テーマは「私のライフプラン」。会社で共に過ごす仲間は、実は家族より1日一緒に過ごす時間が長い。会社での経験、生活も人生の中の大きなキャリアや経験の一部。自分がどんな風に生きて、どんな女性になって、どんな夢やチャレンジをしていくのか。
たまには真剣に考えてみることも大切。なぜって、ライフプランって、自分で作ってみると、意外にその通りにいけるもの。意味なく時間を使うより、自分で意味ある時間の過ごし方をして欲しい。さらに他人に公言することで、自分に厳しくなれる。
さぁ、スピーチはいったいどうなることやら。。。。
蟹座
□ 2001/07/05(Thu) 01:06:56

とうとう7月ですね。突然、太陽が目覚めたかのように、猛暑になりましたね。こんなに暑い太陽を7月に感じるのは久しぶりでは。。。
私は7月9日生れの蟹座です。
なので、今月は私の星座の月。
蟹とは、母性の象徴だそうです。蟹は子供も沢山産むそうです。昔から占いをすると、母性本能が強いとか、人を育てたり守ったりするタイプとか言われますが、この年になってくるとまんざら占いも、嘘ではないんだな、と思えます。
そしてそしていよいよ30代とお別れまで、あと4日。年代が変わるというのは、ちょっと大きいですよね。「いくつ?」と聞いても、人って最初に耳に入る30代か40代かだけしか聞いてないもの(笑)だから40代という響きは大きいな。29歳で創業して39歳まで、走り抜けた10年でした。私の30代は台風かな。でも充実しすぎ。満足度は高密度でした。この先も毎日を高密度で生きていきたいと思います。
きっと蟹座の女は、母性愛と同時に贅沢で欲張りで満足しないと駄目な星座なのだと思います。
教えることは学ぶこと
□ 2001/06/28(Thu) 22:49:32

朝10時から16時まで、1日たちっぱなしで「女性の能力開発セミナー」の講師をした。さまざまな企業の女性30人といっしょに勉強した。
私は講師は本業ではない、と思っている。しかしお話しがあると受けてしまう。その理由は、人にしゃべりながら自分が学べるという利点が、とても大きいメリットだと感じているから。1日のセミナーはかなりパワーがいる。終わると足がパンパン。でも、心地よい疲労感ももらえる。みんなの真剣な目や笑顔に囲まれる1日は、私にとっても貴重な基本確認と学びの時間だ。。。。でも、講師は頻繁にはできないから、年に数回にセーブしてます。今日もありがとうございました。
学級役員
□ 2001/06/27(Wed) 02:13:58

今年は娘のクラスの役員だ。日曜参観日のあとで、クラス保護者会があり参加した。この日、先生からのプリントが配られた。
お母さんへの3つのお願い
1,1年に1度でいいから「お母さんは、○○ちゃんを生んでよかった」と心をこめていってあげてください。
2,よくないことをしたら叱ってください。叱らなければよくなりません。でも「なぜいけないのか」「どうしたらいいのか」を納得いくように教え、子供の長所を励ましながら叱ってください。
3,子供は明るいお母さんがすきです。いやみ、ぶつぶつ、がみがみは大嫌い。明るいとは、一緒に仕事をして「よくやった」「ご苦労さん」とほめてやること。忙しいときほどそうしてください。

お父さんへの3つのお願い
1,「どこで何をしているか」「何時にかえるか」分かるようにしてあげてください。それだけで子供は安心し頼りを感じます。
2,せめて週1回は一緒に夕食を食べてあげてください。そのときは聞き役になり、子供の話しを聞いてあげてください。
3,長期の出張や単身赴任のときは、電話だけでなく、時には手紙を書いてみてあげてください。手紙は何度でも読み返せるからです。子供は常に父親を身近に感じることができるのです。

とてもいいヒントと気づきをいただいたので、みなさんにも伝えます。
今年もスマップの夏
□ 2001/06/23(Sat) 22:20:25

毎日、じめじめ、しとしと、雨と湿気でゆううつ。そんな時、私の秘書をしているユカリンから「シャチョー、今年もやってきました。スマップ。広島と福岡、どっち行きます?」というメール。いい秘書だね。ゆううつを吹っ飛ばすメールを心得ている。しかし、広島?しかもその地名は「庄原」?広島以外の方には分からないでしょうが、これは市内ではありません。山の中。広島庄原市国営備北公園・・・。本当にココにスマップが来るの?うそ?ちょっと目を疑ったけど、まぁ、どっちでもいいや。福岡ドームにペンライトが360度満席になっているときの感動の美しさも最高だけど、庄原国営・・・の方が遠方の人が近寄りにくくて、いい席回ってくるかなぁ。ああだ、こーだと策を練ってるだけで、夜がふけていく。スマップのこと考えてる時間は、私の脳みそは乙女心に変わるのです。うふ。

恐竜のたまご
□ 2001/06/20(Wed) 22:41:37

スーパーに行ったら、とっても懐かしいアイスクリームを見つけた。「恐竜のたまご」というゴムの中にバニラアイスが入ったもの。ほとんどゴムのヨーヨーに詰め込んだ、という感じのもので、先っちょが、おっぱいのように突起になってる。この部分をハサミで切ってちゅーちゅー吸い付くのだ。娘が「何?これ?」という声を無視して「私はコレ!」としっかり買って帰った。昔はバラ売りだったけど、今回見つけたのは、5個が大きめの袋にまとめて入っていた。
さっそく家で、アイスの先をハサミで切って吸い付く。娘も一緒に。
「おいしいじゃん」「そーよ。昔のアイスの味ね」と2人で大騒ぎ。このアイスは、先を切ると無理に吸い出さなくても、ほっといてもゴムの伸縮の力で、アイスがどんどん出てくるのも特徴。
当分、我が家では病み付きになりそうです。
Page:[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

表示件数:
(現在90件中/10件/Pageで表示をしています。)



ゆいりんく(Free)
EDIT By CJ Club