top of page

あなたの会社を劇的に変える!女性役員の早期育成へ「女性の実学塾」秋期スタート


共創 ビジネス


日本で唯一の女性視点マーケティング®を推進し、女性トレンド総研を有する株式会社ハー・ストーリィの代表・日野佳恵子は、30年超提言し続けて来た女性活躍推進をさらに推し進めるために、同じ志を持つ仲間と共に一般社団法人女性の実学協会(代表理事:日野佳恵子)を立ち上げ、この度「女性役員候補育成塾」を開講する運びとなりました。

 

政府が2023年6月に発表した「女性版骨太の方針」では、上場企業の役員について2030年までに女性の比率を30%以上にすることを目指すとしていて、企業も待ったなしの対応が求められています。ただし、即戦力として登用しようにも女性の人材そのものが不足している企業がほとんどで、現段階ではどうしても社外の経験豊富な女性人材に頼らざるを得ません。しかし、やはり持続的に企業を発展させるためには、自社の事情に精通している社内の人材が関わることが重要であり、そのための女性役員候補の育成が急務です。そこで、3年、5年後に会社を支える次世代を輩出するため、まだ他に類を見ない実践的な育成塾を開講します。


■本プログラムの特長

『女性経営者候補を早期育成し、3年以内に女性役員を創る』

1. 国内トップクラスの実務家による実践的な内容の学び

2.女性の視点から新しい価値を創造する力をつける

3.30年に亘り女性役員を輩出してきた実績に基づく理論

4.女性特有の健康や感情のコントロール等の対応力を身に着ける

5.オンラインで全国から参加可、他企業、他業種との交流による多様な視点の醸成

■豊富な講師陣

ビジネスに精通し経験豊かな理事・教授陣から最先端の理論を学べます

【女性視点マーケティング】

日野佳恵子/株式会社ハー・ストーリィ代表取締役社長


【経営と女性のライフキャリア】

永田潤子/大阪公立大学院都市経営研究科教授


【組織に求められる人材】

新井範彦/元トヨタ自動車常勤役員・元トヨタマーケティングジャパン副社長


【女性のヘルスリテラシー】

対馬ルリ子/女性ライフクリニック院長・産婦人科医・東京大学医学博士


【ソーシャルビジネス】

山崎伸治/株式会社ソーシャルビジネスパートナーズ代表取締役


【ビジネスとお金の流れ】

臼井晋也/株式会社ペアブレイブ代表取締役・キャリアコンサルタント


【PRプロフェッショナル】

本田哲也/株式会社本田事務所代表取締役・PRストラテジスト


【思考の構造化トレーニング】

竹内純/MJコンサルタント合同会社代表・国内大手自動車会社勤務



■カリキュラム

以下、経営に必要な5つのスキルを獲得する内容になっています。

1.状況認識力(冷静で的確な 社内・外の情報収集と分析力)
2.ビジネス構築力(お客様視点と女性の感性を活かした創造力)
3.プロデュース力(ビジョンづくり、計画性、チームマネージメント、収益管理)
4.プレゼン力(社内で自分の構想を論理的に経営観点で語れる力)
5.経営者的視点と行動力(中長期的判断、コンプライアンス・リーガル他の基礎知識) 

本プログラムは、アウトプットを重視しています。受講生は卒業課題の策定に向け、実践的思考で授業に臨みます。また、第一線で活躍する教授陣からのフィードバックはもちろん、卒業生を含むコミュニティからのサポートもあります。



■全体概要

【対象】

経営視点を学びたい女性

将来の執行役員、取締役を目指してほしい女性

【開催方法】

月2回  

第2・第4の水曜日(祝日などで一部変動あり)13時~15時

オンライン/Zoom(カリキュラム1~6のみアーカイブ有り)

【開催期間】

6ケ月(オリエン1回 講義10回)

9/27・10/11・10/25・11/8・11/22・12/13・1/10・1/24・2/14・2/28・3/13

【受講料】

180,000円(税込)/人


■一般社団法人女性の実学協会について

女性役員が日本企業に増える土壌づくりに貢献したいと女性の実学塾を立上げました。

設立当時理事として参画いただいていた故浅野邦子氏(株式会社箔一創業者・会長、元日本経済団体連合会会長の諮問機関・審議員会副議長)の遺志を引き継ぎ、日本の発展に寄与するため活動しています。


設立:2020年5月

代表理事:日野佳恵子  理事:永田潤子、新井範彦

事務所:東京都港区六本木5丁目11-25鳥居坂アネックス5階 株式会社ハー・ストーリィ内


【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】

株式会社ハー・ストーリィ 広報担当 池田

電話:03-5775-1581 

メールアドレス:pr.hs@herstory.co.jp


一般社団法人女性の実学塾

担当窓口 三沢


تعليقات


bottom of page