top of page

検索結果

「」に対する検索結果が362件見つかりました

コラム・調査結果 (112)

  • 男女の購買行動の違いを理解し効果的なマーケティング戦略を

    女性視点マーケティング戦略コラム vol.10 女性視点マーケティングの第一人者であり、株式会社HERSTORYの代表取締役でもある日野佳恵子による、本連載。第10回目は、男女の購買行動の違いを解説し、さらに購入を後押しする判断材料についても深掘りします。 HERSTORYでは、長年、女性視点マーケティングを専門に事業を行ってきましたが、 女性視点マーケティングとは具体的に何をどうすることなのか、ということを体系的にお伝えしていきます。 ぜひ、皆様のビジネスにお役立てください。 男性の買物はBUY(目的買い)、女性の買物はSHOPPING(回遊買い) 1. 男性の購買行動はBUY(目的購入) 男性の購買行動は、目的のものに一直線で、買物自体は、目的のモノをベストチョイスする探索力と確実に獲得するスピードが重要になってきます。 高品質、高性能なモノを最高の条件でゲットすることに注力し、自分で調べて、比較して、購入を決定するため他人のクチコミなどにも影響されません。「買物=戦利品の獲得」のような行動になります。 2.女性の購買行動はSHOPPING(回遊購入)回遊買いを好む 女性の購買行動は、よい商品を買うための合理的な左脳と、「うれしい」「楽しい」という情緒的な右脳を同時に重視しています。女性たちの脳は、買物に来た(左脳)から、せっかくなら出会いを楽しみたい(右脳)とで考えています。 とはいえ、お財布の紐は緩くはありません。木の実を見つけるように商品を眺めたら、「ちゃんと食べられるの?」「本当に美味しいの?」「上手に使えるかな?」などと購入後の失敗は避けたいため、友達の評判やネットのクチコミ、店頭でのPOP や購入者の感想などを判断材料にするのです。 買物の背中を押すのは、「旬」「今が買い時」「今が熟れ時」か 女性にとって季節はとても大切な判断材料です。 旬のモノ=美味しい時期と判断しやすい傾向になります。 また、女性の体はそのものにカレンダーサイクルが働いています。月経という月単位の身体の変化は、匂い、雰囲気、手触り、触感などの五感を働かせて、今食べるモノ、気分転換できるコトを探しています。 今年のクリスマスケーキはどこで誰とどんなケーキがいいかな、どんな気分だからどうしようかな、なんて先々のことを想像しているのです。 計画性がないように見える閃きや思い付きの買物には、女性ならではの意味があるのです。寄り道が楽しくなる買物を、今年もしっかり提案するのが大切です。 コロナ禍で、買物時間が短くなっている、目的買いが顕著になっている、といった調査データも増えていますが、だからこそ、気分が落ちてしまっている今年の冬は、「わくわくする出会い」を待っているのではないでしょうか。(データはHERSTORY 調べ) 女性同士の買物は長く、男女ペアの買物は短くなる傾向がある ドラッグストア研究会のアメリカ視察レポートの中に面白い報告を見つけました。最近の米国の小売業では男性客対策が重視されているというものです。なぜかと言うと、女性の買い物時に男性の同伴者がいると女性の買い物時間が短くなる傾向があるためということです。いかに男性も楽しませて女性の買物を長くさせるか、この対策は非常に興味深いです。 今号の女性視点マーケティングのポイント 男性の購買行動は、目的に一直線で最高の条件で手に入れる 女性の購買行動は、「嬉しい・楽しい(右脳)」と「良い商品(左脳)」かを行ったり来たり。 女性同士の買い物は長く、男性同伴は短くなる傾向がある。 次回は、女性たちの五感を意識した販売戦略について解説します。クチコミマーケティングへの理解がさらに深まる内容です。 下記よりメールマガジンの登録をいただくと、次号の更新をお知らせいたします。ご登録のうえ、次号の配信を楽しみにお待ちください。 日野佳恵子 株式会社HERSTORY(ハー・ストーリィ)代表取締役  1990年創業 タウン誌の編集長、広告代理店のプランナーを経て、結婚、出産を機に専業主婦を経験。女性のクチコミ力、井戸端好きに強い衝撃を覚え、広告よりクチコミのパワーが購買に影響を及ぼしていることを確認。一貫して男女の購買行動の違いに着目したマーケティングを実践し、女性客マーケティングという独自分野を確立。多数のコミュニティや実店舗を自ら運営。10万人の生声、3万件に及ぶアンケート分析、5万人以上の男女購買行動を研究。 女性視点マーケティングについてさらに詳しく知りたい プロジェクトのご相談 弊社サービスへのご質問 上記については無料相談を受けています。下記よりお気軽にご相談ください。

  • 女性の本能的な購買行動を理解しマーケティング強化に!

    女性視点マーケティング戦略コラム vol.9 女性視点マーケティングの第一人者であり、株式会社HERSTORYの代表取締役でもある日野佳恵子による、本連載。第9回目は、女性が購入するときの行動についてどのような傾向があるか解説します。 HERSTORYでは、長年、女性視点マーケティングを専門に事業を行ってきましたが、 女性視点マーケティングとは具体的に何をどうすることなのか、ということを体系的にお伝えしていきます。 ぜひ、皆様のビジネスにお役立てください。 女性は、まるで木の実を拾って歩くような購買行動をとる 女性をみていると、まるで木の実を拾うような購買行動をとっているのが分かります。「寄り道」を好むといったほうがいいでしょうか。 よく女性の買物は長い、という話が出ることがあります。実際にスーパーマーケットの中を男性と女性があるくのを時間で測ると、男性は6分間、女性は、3時26分だった、という図がネット上で、拡散されていたことがあります。 また、「妻と買物にいくと、さっき行った店に、もう一度、戻っていいか、といわることがあるが、正直、あの行動がよくわからない」と妻の行動を不可解だと聞いてきた男性がいます。(これはよく聞かれる質問の一つでもあります) なぜ、女性たちの買物は、木の実を拾うように、あちこち見て歩くのでしょうか。 実は、本能的な行動に起因しています。 女性は、妊娠、出産、子育てをする期間、行動範囲狭くなります。そんな期間でも、身近な場所で、情報を拾って、楽しめるようにできているのです。行動範囲が狭くても、ストレスにならない暮らし方を身につけ、楽しみを見つけることが得意にできているのが女性です。 「そのカバン、かわいい」「イヤリング、素敵ね」「ネイル、秋らしいわー」 朝、職場に女性たちが集まると、即座にこんなあいさつでコミュニケーションを交わしています。身近な視界の、他人の姿をパッと見て持ち物や髪型や服装や表情などを読み取ることができるのも女性ならでわの能力です。 男女ともに買物は目的買いが基本。でも女性には出会いの売場も大切 小売店をアドバイスするとき、女性のお客様には、通常の「目的買いとしての売場」とは別に、「新しい出会いを提供する立ち寄り場」を考えています。 購入の予定にはなかったけど、思わず買っちゃった!が起こってしまう足止め場があったり、ときには、「これ、お母さんに買っていこう」となったり、また「あ、ママ友会で配るのにちょうどいい」と考えて予定外のものを拾ってしまうのが女性です。 店舗は、女性にとって、移ろいゆく、美しい野原です。たとえるなら商品は、葉や花や木の実です。女性は、「今一番美味しいのはコレ!」と自信をもって旬やトレンドを押してほしいのです。 アンテナを常に張り巡らせている女性の「クチコミ消費」 女性はクチコミをします。私は、女性は存在そのものがチラシだとさえ思っています。表現を変えれば、女性はインフルエンサーで、女性はそもそも、男性よりもしゃべることが好きなのです。「地図が読めない女、話を聞かない男」というベストセラーがありますが、この本の中で男女の一日の発する言語量を比較したところ、女性が3倍という表が載っていました。 こうして情報発信することそのものが好きな女性たちにとって、SNS 社会は最高の環境なのです。より華やかに、より色鮮やかに、お気に入りのモノや風景を撮影しては発信し、それを気に入った人たちがフォローしていくという循環は、女性同士の出会いをつなぎ、大きなコミュニティ化へとつないでいます。実際Instagram は、利用者の6 割以上が女性なのです。 女性の脳は左右が連携している。「あ、そういえば」と寄り道が起こる 男女では、目の前のモノや情報を認識する脳が違います。 女性脳は「右脳(感じる領域)と左脳(顕在意識)が頻繁に連携し、直感が働く脳」なのです。 男性は、頻繁に行き来はしない脳なので、目的が明確ならそれをしっかりと達成することに集中します。女性の「行き来する脳」の神経線維は、数センチから1 メートルを超えるといわれるぐらい長く、目の前のモノを見ながら頭の中でぐるぐると様々な情報や記憶をたどっています。 そして「あ、ついでに」「あ、そういえば」が起きて「寄り道」が起きるのです。「寄り道」といっても当の本人からしたられっきした「思い出した目的買い」にほかなりません。 男性の買物は、目的のモノを「比較検討」して最高の逸品をゲットする! 左右の脳の情報の行き来が働きにくい男性脳は、女性とちがって「比較検討」で商品を選びます。このため、「寄り道」は不要です。 また、太古の昔、長い間狩りが役割だった男性脳は「最短距離と時間で、最大の成果を上げたい」と考えるため、一直線に目的の売り場に行きたがります。 つまり男性の買物は、目的の売場に早く到達して、できるだけ多くの類似品、代用品を見て比較検討し、そこから秀逸のモノを自らの見解で選ぶことに快感を持つようになっているのです。 女性は商品を見ながらアレコレ場面を想像している 男性から見ると女性の買物はなぜあんなに長いのか、と思わることがあるかもしれません。女性にとっての買物は、そのあとに必要なモノを忘れていないか、このあとに会う人たちに必要になるモノはないか、など商品を見ながら想像を最大限に膨らませて、見ているため「出会い」によっては、「あ、これはあのときにいいかも」となります。 買物をしている時間だけを考えると、「時間の無駄」「賢くない買い物の仕方」に見えるかもしれませんが、女性の買物はその場の効率ではなく、その後の日常における効率を考えているのです。 今号の女性視点マーケティングのポイント 女性は木の実を拾うように商品との出会いを探す 女性は商品を見ながらアレコレ場面を想像している 女性の買い物はその後の日常での効率を考えている また女性たち消費行動の理解を深めるにはペルソナの理解が不可欠です。 1990年創業以来、一貫して女性消費行動を研究し続けてきたHERSTORYでは、10代、20代、30代、40代、50代、60代の女性ペルソナを29種類も設定し、毎年変わっていく女性消費者のトレンド把握に役立てています。 マーケティング戦略に不可欠な女性ペルソナ設計の方法や、最新情報を知りたい方は、下記「女性ペルソナ設計まるわかり」資料をダウンロードしてご活用ください。 次回は、男性と女性の購買行動の違いに焦点を当て、その特徴について解説します。 日野佳恵子 株式会社HERSTORY(ハー・ストーリィ)代表取締役  1990年創業 タウン誌の編集長、広告代理店のプランナーを経て、結婚、出産を機に専業主婦を経験。女性のクチコミ力、井戸端好きに強い衝撃を覚え、広告よりクチコミのパワーが購買に影響を及ぼしていることを確認。一貫して男女の購買行動の違いに着目したマーケティングを実践し、女性客マーケティングという独自分野を確立。多数のコミュニティや実店舗を自ら運営。10万人の生声、3万件に及ぶアンケート分析、5万人以上の男女購買行動を研究。 女性視点マーケティングについてさらに詳しく知りたい プロジェクトのご相談 弊社サービスへのご質問 上記については無料相談を受けています。下記よりお気軽にご相談ください。

  • これを知れば消費行動が分かる!女性が創出する7つの消費(後半)

    女性視点マーケティング戦略コラム vol.8 女性視点マーケティングの第一人者であり、株式会社HERSTORYの代表取締役でもある日野佳恵子による、本連載。第8回目は、社会に影響を与える女性の消費行動7つの内4つを、解説いたします。 HERSTORYでは、長年、女性視点マーケティングを専門に事業を行ってきましたが、 女性視点マーケティングとは具体的に何をどうすることなのか、ということを体系的にお伝えしていきます。 ぜひ、皆様のビジネスにお役立てください。 家族のほとんどのものを女性が買っている「代理購買消費」 夫が妻や子どもの物を代理で買うという行動と比べたとき、妻が、夫や子どもの物を買うほうが明らかに高くなります。 ある総合通販と「誰が本当の顧客か」という分析をしたときに、男性向けのファッションカタログを見て、商品を買っているのはほぼ妻だったという結果が出ています。その逆は皆無に等しいです。夫は、自分の物は自分で買うことはあっても、妻の物を買うという消費行動は希少で、その逆は大いにあるのです。 子どものパンツや靴下、義理の母の誕生日祝い、職場の後輩の結婚祝い、調味料などの補充、災害に備えた保存食、夫の好きなビールなどが頭の中に膨大なアイテムとして納められています。 たとえば、スーパーに行ったときには、今夜の料理のために必要な「目的の食材」を考えつつも、「忘れているモノはないかな」「今週はもう来られないから、ほかに何か買うモノはなかったかな」と必要なモノを思い出そうとします。だから女性の買い物は長くなるのです。気づくと商品点数が増えていき、客単価があがります。 関係性を維持するための「交際維持消費」 交際と聞くとビジネスパーソンの接待とか、職場や友人知人との飲み会と思うかもしれませんが、女性は、カフェタイム+プチギフトというセット行動がよく見られます。 これが交際維持消費です。 字のごとく、日頃からの交際を維持するためのお茶会、ママ会、女子会といった形の「お茶を飲む女性たちの集い」です。女性は、本当にカフェで集うことが好きです。 話は延々に尽きず、ホテルやデパートのカフェなどに行くと、14 時~16 時ぐらいのいわゆる閑散としがちなアイドルタイムであっても、女性同士のグループでほとんどの席が占有されています。 こうした場に出向くとき、女性たちは「プチギフト」を持参することが少なくありません。人数分を配ったり、お互いに交換したりします。ギフトと聞くとお中元、お歳暮、年賀といった仰々しい儀礼行事をイメージするかもしれませんが、女性たちは本当によく身近な場面でギフトを贈ります。 新型ウイルスの拡大で、生活が自粛されたときに、多くの女性が、なかなか会えないから「友達とプレゼントを贈り合った」とか「孫に毎週、お菓子を贈った」とか、「おばさんからマスクをプレゼントされた」などといった発言をしていました。女性たちは、人間関係を維持するための消費行動を常にしているのです。 アンテナを常に張り巡らせている女性の「クチコミ消費」 女性はクチコミをします。私は、女性は存在そのものがチラシだとさえ思っています。表現を変えれば、女性はインフルエンサーで、女性はそもそも、男性よりもしゃべることが好きなのです。「地図が読めない女、話を聞かない男」というベストセラーがありますが、この本の中で男女の一日の発する言語量を比較したところ、女性が3倍という表が載っていました。 こうして情報発信することそのものが好きな女性たちにとって、SNS 社会は最高の環境なのです。より華やかに、より色鮮やかに、お気に入りのモノや風景を撮影しては発信し、それを気に入った人たちがフォローしていくという循環は、女性同士の出会いをつなぎ、大きなコミュニティ化へとつないでいます。実際Instagram は、利用者の6 割以上が女性なのです。 季節やトレンドに合わせた「トレンド消費」 女性の買い物に「旬」は欠かせません。 中でも四季の春夏秋冬。春になれば春らしいネイル、夏になれば透明バッグなどの涼しそうな小物、秋になれば秋らしい深みのリップなど、〇〇らしい、は常套のコピーにつられ、ネイル好きな私は、ネイルサロンに出かけます。 仕事柄、ネイリストに「今はどのデザインが人気ですか?」と尋ねると、ほぼ必ず季節感に合わせた返答が返ってきます。「最近はピンク系が人気ですよ。春らしい色が増えてきていますね」とか、「このごろはブルー系が注目されています。夏が近づいているからかもしれませんね」といった具合です。 このような会話から、女性たちが、その季節に合った色を指定してネイルを依頼しているのがよくわかります。女性雑誌やファッションメディアでは、「この冬、グレーが新しい」「春爛漫、ピンクイエローで街へ出かけよう」「大人の女は、この冬、黒ワンピ( ワンピース) を選ぶ」など、「この( トレンド)」季節」「色」「どんな気持ち」の4 つがキャッチコピーに見られます。女性は毎年、ぐるぐると季節に新しさを足して生き続けているのです。それがトレンドです。 今号の女性視点マーケティングのポイント 女性は総合的な視点で買物をとらえている 家族の買い物行動のほとんどが女性が行っている 交際を維持するために他人とのコミュニケーションを常にしている 常にアンテナを張り巡らせクチコミを参考に消費している 女性は季節感やトレンドに合わせた生活をしている また女性たちの視点の理解を深めるにはペルソナの理解が不可欠です。 1990年創業以来、一貫して女性消費行動を研究し続けてきたHERSTORYでは、10代、20代、30代、40代、50代、60代の女性ペルソナを29種類も設定し、毎年変わっていく女性消費者のトレンド把握に役立てています。 マーケティング戦略に不可欠な女性ペルソナ設計の方法や、最新情報を知りたい方は、下記「女性ペルソナ設計まるわかり」資料をダウンロードしてご活用ください。 次回は、女性たちの買い物を「木の実拾い」に例え、その購買行動を深掘りします。 日野佳恵子 株式会社HERSTORY(ハー・ストーリィ)代表取締役  1990年創業 タウン誌の編集長、広告代理店のプランナーを経て、結婚、出産を機に専業主婦を経験。女性のクチコミ力、井戸端好きに強い衝撃を覚え、広告よりクチコミのパワーが購買に影響を及ぼしていることを確認。一貫して男女の購買行動の違いに着目したマーケティングを実践し、女性客マーケティングという独自分野を確立。多数のコミュニティや実店舗を自ら運営。10万人の生声、3万件に及ぶアンケート分析、5万人以上の男女購買行動を研究。 女性視点マーケティングについてさらに詳しく知りたい プロジェクトのご相談 弊社サービスへのご質問 上記については無料相談を受けています。下記よりお気軽にご相談ください。

全て表示

その他のページ(224)

  • サービス | 女性インサイト総研HERSTORY

    サービス 「女性インサイトからビジネスを発展させるためのサービスやナレッジ」です。企業様の課題と現状に合わせて、必要なサービスをチョイスいただけます。 会社・サービス案内資料ダウンロード menu 01 国のデータをもとに当たりを付ける 「女性ペルソナ年鑑」女性5,515万人を把握 ターゲットでは、女性は掴めません。女性ペルソナの把握は、定性的な情報が 重要です。 HERSTORYでは、総務省統計国勢調査を元に、女性を10クラスター29ペルソナを作成しています。さらに毎月、クラスター別に消費動向調査を重ね続けています。 他社のリサーチ会社は、自前のパネルに限定した調査です。国民全体を把握した調査データではありません。さらに定点的に消費行動を追い続けてはいません。 事前調査不要!必ず顧客ペルソナが見つかる! 「女性ペルソナ年鑑」 国の最も 重要な総務省統計をもとに女性5,515万人をペルソナ化した唯一のレポートです。もっとも正確なペルソナを最短、最速で手に入れることができます。 ​ 精度の高い、リアル生活に近いペルソナを提供できるのは弊社だけです。 女性ペルソナ年鑑詳細/申込み menu 02 ​法人クラブで提供されるデータを活用する 女性の動向を研究・実践する法人クラブ「in herstory」 法人クラブ「in herstory」は変化の激しい女性クラスターの消費動向を月間でレポート提供します。 menu01.の女性ペルソナ年鑑と合わせて活用をお勧めします。また、調査データを自由にダウンロードして社内活用が可能です。女性モニターとの直接交流会にも特典参加可 年会費54,000円で3つの特典が受けられます 1. 女性月刊インサイトレポート『HERSTORY REVIEW』が会報誌として毎号届く 2. データの自由ダウンロード ・会報誌のバックナンバーの公開 ・調査データのダウンロード、解説動画が見放題 ・調査データのダウンロードおよび自由活用 3. 法人会員専用LINEオープンチャットに参加可能!女性インサイトの最新情報が手元に届く! in herstoryサービスサイトへ 売上を増やす力を持つ社員が育つ!​ 「女性視点マーケティングオンライン講座」 menu 03 習得した翌日から自社で実践できる、女性視点マーケティングのノウハウを17本の動画約8時間にまとめました。 「新規マーケットを創造する力」「マーケットを拡張させる力」「クチコミを拡げる力」がつきます。ノートブックを使い再現性高く自社ですぐ使えます。 女性視点マーケティングとは ​オンライン講座カリキュラム一覧 ​収録動画:全17本(約8時間)/視聴期間:視聴開始日から90日間 オンライン講座サービスサイトへ menu 04 【オーダーメイド設計】 自社の欲しい情報を追加調査 顧客の女性インサイトを掴み共創支援をご提案 御社独自のオーダーに応えます。女性インサイト調査分析・ペルソナ作成・新事業創出までトータルサービスをしています。 サービス資料ダウンロード お問い合わせ CONTACT ​資料ダウンロード 会社紹介、女性視点マーケティング、女性ペルソナに関する資料が無料ダウンロードできます。 資料ダウンロード ​お問い合わせ/無料相談 プロジェクトのご相談、弊社サービスへの ご質問はなどはこちらからお気軽にご連絡ください。 お問い合わせ

  • 女性インサイト総研HERSTORY | 女性 ペルソナ

    女性のインサイトから、 あしたのビジネスを共創する 女性生活者と企業の双方にうれしい共創ストーリーを描き、「子供たちのしあわせなあした」につながるビジネスを社会にふやします。 パーパス 資料ダウンロード プレスリリース/お知らせ 2月14日 書籍/レポート 先行予約キャンペーン!2024年版 女性ペルソナ年鑑HERFACE ■時間とコストをかける大規模調査は不要!​ 年鑑を開けばすぐ自社ペルソナがみつけられます 15歳~89歳までの購買力を持つ女性5,515万人を、ライフコースに基づいて10のクラスターと29のペルソナに分類し可視化済み。 ​... 2月16日 お知らせ 2/21【経営者・部門責任者向けセミナー】7つのメソッドで優秀な人材を引き寄せる!人気求人ランキング1位企業の採用・育成秘策 2月14日 書籍/レポート 先行予約キャンペーン!2024年版 女性ペルソナ年鑑HERFACE 1月30日 女性視点マーケティング ペルソナ設計とは?女性消費者理解に欠かせない人物像設計の必要性を解説 1月17日 セミナー/イベント 【2/15】2024年女性トレンドセミナー開催のお知らせ 2023年12月22日 女性インサイト・調査データ 2024年の消費トレンドは“3つのS”! 女性インサイト総研が2024年の女性視点のトレンド予測を公開 2023年12月20日 女性インサイト・調査データ 女性たちが選ぶ今年の漢字2024年は“和”! 女性インサイト総研が今年の漢字の調査結果を公開 2023年12月12日 プレスリリース 女性に関する調査データを自由ダウンロード可能!社内回覧自由!最新調査データがいつでも手に入る法人サービスを開始しました 2023年11月22日 書籍/レポート ギフト交流消費は約9割! 女性インサイト総研がギフト市場についての本音調査を公開キーワードは“日常” 身近になるギフト市場 2023年11月2日 お知らせ 女性インサイト総研が手掛ける女性向けライフスタイルメディア『her Voice』が2023年11月1日にオープン! 1 2 3 4 5 お知らせ一覧 ​サービス 01. 国のデータをもとに当たりをつける 「女性ペルソナ年鑑」女性5,515万人を把握 日本の女性15歳~89歳までの5,515万人のデータをもとに作成した10クラスター、29ペルソナの「女性ペルソナ年鑑」を活用して自社ペルソナに当たりをつけます。必ず顧客像が入っています。足りない情報を付加して近似のペルソナを作成できます。 詳しく見る 03. 売上を増やす力を持つ社員が育つ! ​ 「女性視点マーケティングオンライン講座」 ​ 習得した翌日から自社で実践できる、女性視点マーケティングのノウハウを17本の動画約8時間にまとめました。「新規マーケットを創造する力」「マーケットを拡張させる力」「クチコミを拡げる力」がつきます。ノートブックを使い再現性高く自社ですぐ使えます。 詳しく見る ​02. 法人クラブで提供されるデータを活用する 女性の動向を研究・実践する法人クラブ「in herstory」 女性インサイトを研究する法人会員制クラブです。女性生活者の旬な動きを月刊会報誌「HERSTORY REVIEW」で届けます。バックナンバーや調査データのダウンロードなど多彩な特典をご用意しています。 詳しく見る 04. 「女性ペルソナ年鑑」女性5,515万人を把握 ​顧客の女性インサイトを掴み共創支援をご提案 ​ 私たちが重視しているのは、数値だけでは見えてこない女性の「声」を正確に認識すること。女性生活者の価値やニーズを把握し、心の奥底にある「暮らしにくさ、生きづらさ」を表面化させ、ビジネスチャンスに変えることで、社会課題解決と企業発展のウィン&ウィンな形を見つけます。 詳しく見る サービス一覧を詳しく見る プロジェクト ​事例 企業×女性インサイト総研HERSTORYは、女性のニーズを取り入れた新しい製品やサービスを創出する 共創プロジェクトを実施しています。 これまで実施した共創プロジェクトのトップインタビューや共創プロジェクトの進捗をご紹介しています。 2023年11月30日 眼鏡市場(株式会社メガネトップ) 子どもの目の健康に関するアンケート結果を受けて啓発イベント開催!好評につき継続拡大予定。共同リリース効果は、広告費換算でも大きく反響あり。 #共創プロジェクト 詳しく見る 2023年6月26日 エースホーム (ナックハウスパートナー株式会社) インサイトリサーチでママたちと暮らしをリアルに把握 #共創プロジェクト 詳しく見る 2022年9月16日 福島市観光コンベンション協会 「ふくしまピーチホリデイ」 の観光誘客施策 #共創プロジェクト 詳しく見る 2023年10月9日 株式会社デンキョーグループホールディングス 生活者起点に立った新規事業発想法を女性視点マーケティングを用いてグループ社員に1年間かけて実装。新たな事業プランが次々と誕生。 #共創プロジェクトトップインタビュー 詳しく見る 2023年6月5日 対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座 女性の心身の健康を医療から支え、自分らしく輝く人生を送ってほしい #共創プロジェクトトップインタビュー 詳しく見る 2023年3月10日 株式会社ベイシア 顧客の7割が女性、しかし組織に目を向けると主に男性。独自ペルソナ「ベイファミさん」を作り、見える化!お客様像に合わせた店づくり、商品作りが可能に。 #共創プロジェクトトップインタビュー 詳しく見る プロジェクト事例をもっと見る セミナー・イベント ​Seminar 女性視点マーケティングに関するノウハウを広げるセミナーやイベントを開催しています。 終了 2/21【経営者・部門責任者向けセミナー】7つのメソッドで優秀な人材を引き寄せる!人気求人ランキング1位企業の採用・育成秘策 2月21日(水) 2024年2月21日 13:00 – 14:30 JST 2024年2月21日 13:00 – 14:30 JST 【経営者・部門責任者向けセミナー】7つのメソッドで優秀な人材を引き寄せる!人気求人ランキング1位企業の採用・育成秘策を「女の転職type」とコラボし、考えます。女性採用にご興味がある企業様、 女性管理職の比率を高めたい企業様におススメです。 女性の就業率の変化、女性採用をするメリット、女性転職者の動き、思考の変化、応募ランキング1位を獲得するための採用ブランディング7つの柱、入社後の活躍、女性管理職の、役員を輩出することの重要性などなど、ポイントを解説してまいります。 + 15件 詳細をみる アーカイブ【11/16】あなたの商品・サービスをその場で自己診断! 無料ツール活用 解説セミナー アーカイブ視聴受付中 アーカイブ視聴受付中 アーカイブ視聴受付中 本セミナーでは、皆さんの商品やサービスが女性客からどんな風に支持されているか、もしくはどこが支持されていなくて購入に至っていないかを簡単に分析できる無料セミナーです! ◆自信を持って作った商品なのに売り上げに伸び悩んでいる… ◆新商品を作っているが本当に売れるのか自信がない… ◆女性客は何を持って購入するしないを決めているのか分からない… こんなお悩みを一緒に解決しませんか? + 2件 詳細をみる アーカイブ【7/20】女性視点ヒントセミナー「女性の心を癒やすビジネス」メンタルヘルスケア事例 アーカイブ視聴受付中 アーカイブ視聴受付中 アーカイブ視聴受付中 「メンタルヘルスケアサービス成功事例 女性の心を癒すビジネス」 特別ゲスト2社を招いた女性視点ヒントセミナー 【こんな方におすすめ】 ・女性視点マーケティングの理論を習得したい ・メンタルヘルスケアを取り入れたビジネス事例を参考にしたい ・女性客のニーズを知り、自社の顧客像をより一層理解したい ・女性視点マーケティングと女性マーケティングの違いを理解し、商品開発・ビジネスに役立てたい + 7件 詳細をみる アーカイブ【6/22】大反響! 成果を生み出す 女性視点マーケティング 〜皆さまの質問に答える編〜 アーカイブ視聴受付中 アーカイブ視聴受付中 アーカイブ視聴受付中 皆様から最も開催要望の多かった女性視点マーケティング。今回はみなさまからいただいた質問にお答えします。 ハー・ストーリィが33年間かけて構築した女性の気づきや感覚をビジネス価値に転換させ、事業の拡大や顧客の拡張に繋がる新しいもう一つのマーケティングです。 【こんな方におすすめ】 ・女性視点マーケティングの理論を習得したい ・女性客を取り込み、自社の顧客像をより一層理解したい ・女性視点マーケティングと女性マーケティングの違いを理解し、商品開発・ビジネスに役立てたい + 6件 詳細をみる アーカイブ【後半:5/11】これが女性視点マーケティングだ!あなたの会社を劇的に変える アーカイブ視聴受付中 アーカイブ視聴受付中 アーカイブ視聴受付中 毎回のセミナーで最も皆様から要望された女性視点マーケティングをいよいよ前編・後編の2回に分けて行います。ハー・ストーリィが33年間かけて構築した女性の気づきや感覚をビジネスを価値に転換させ、事業の拡大や顧客の拡張に繋がる新しいもう一つのマーケティングです。 【こんな方におすすめ】 ・女性視点マーケティングの理論を習得したい ・女性客を取り込み、自社の顧客像をより一層理解したい ・女性視点マーケティングと女性マーケティングの違いを理解し、商品開発・ビジネスに役立てたい + 7件 詳細をみる 【アーカイブ】前半:4/6『これが女性視点マーケティングだ!あなたの会社を劇的に変える』 アーカイブ視聴受付中 アーカイブ視聴受付中 アーカイブ視聴受付中 4/6に開催された『これが女性視点マーケティングだ!あなたの会社を劇的に変える』のセミナー動画視聴をお申込みいただけます。 + 15件 詳細をみる セミナー・イベントを詳しく見る 女性インサイトやトレンドに関する 情報発信を行なっています ​SNS公式アカウント 女性トレンドや女性視点マーケティングに関するコンテンツを発信中です。 メールマガジン セミナーやレポートリリースなどの最新情報をお届けします。 メルマガ登録はこちら お問い合わせ CONTACT ​資料ダウンロード 会社紹介、女性視点マーケティング、女性ペルソナに関する資料が無料ダウンロードできます。 資料ダウンロード ​お問い合わせ/無料相談 プロジェクトのご相談、弊社サービスへの ご質問はなどはこちらからお気軽にご連絡ください。 お問い合わせ

  • 女性視点マーケティング®サービス紹介資料 | herstory.co.jp

    女性インサイト総研HERSTORY 会社・サービス案内 ダウンロード * は必須事項です 氏名 メールアドレス 電話番号 会社名 業界 ご選択ください 役職 ご選択ください 部署名 具体的な悩みがあればご記入ください HERSTORYを 知ったきっかけ ご選択ください 個人情報保護方針に同意します。 個人情報保護方針はこちら 送信 お問い合わせ CONTACT ​資料ダウンロード 会社紹介、女性視点マーケティング、女性ペルソナに関する資料が無料ダウンロードできます。 資料ダウンロード ​お問い合わせ/無料相談 プロジェクトのご相談、弊社サービスへの ご質問はなどはこちらからお気軽にご連絡ください。 お問い合わせ

全て表示
bottom of page