top of page

「誰かの役に立ちたい」女性の気持ちを突き動かしたジーユーの女性視点マーケティング戦略 (前編)

市場の8割を左右する女性視点マーケティング詳解 vol.31


女性視点マーケティング戦略コラム

女性視点マーケティングの第一人者であり、株式会社HERSTORYの代表取締役でもある日野佳恵子による、本連載。第31回目は、ジーユーの事例をあげ、「共働」の女性視点マーケティング戦略について解説します。


HERSTORYは、女性視点マーケティングを専門に事業を展開しています。この連載記事では、「女性視点マーケティング」の重要性に焦点を当て、具体的な事例を交えてわかりやすく解説していきます。皆様のビジネスに新たな視点やアイデアを提供し、今後の展開に役立てていただける内容となっています。ぜひ、ご活用ください。


 

日常のリアリティを共有し合うSNS時代の新しいつながり方


「女性とは互いに手を組みましょう。」

SNSはすべての個人が受発信者であり、それがメディアです。また、顧客もスタッフも、個人一人ひとりがメディアになる時代です。


プロのタレントや有名人の情報には憧れますが、自分のリアリティにはなりません。


もっと身近に、たとえば身長が低い私に近い背丈の人が、このワンピースを着るとどんな雰囲気になるだろう、ぽっちゃり気味の私と体型が似ている人が、このパンツをはく時は、上着はどんなのが合うのだろう、と自分に近いヒントがほしいのです。


特別ではないフツーの私とフツーの誰かの情報が個々につながるのです。


有名タレントをイメージキャラクターにして高額な契約料を払うのも宣伝効果としては重要ですが、契約期間が終わると写真が使用できないなどの制限もあります。


もっと女性同士、身近な人が相互扶助できる関係づくりを構築したほうが、ずっと売上にもつながっていきます。


女性とは「共働」関係をつくりましょう。

「せっかくだから誰かに少しでも役立ちたい」「お手伝いしたい」と自然に思う気持ちこそが、自然派生的に売上につながっていくのです。


「共働」の相互扶助を目指したジーユーの企業情報


  • 全国に総勢500人以上いる「おしゃリスタ」のメディアを運営

  • お客様は、スタッフの着こなしを参考にして購入する


【企業情報】株式会社ジーユー(東京都)https://www.gu-global.com

事業内容:カジュアル衣料品及び装飾品の企画、製造及び販売

売上収益:2460億円(2020年8月期)

創業:2006年3月


自分に似合う服がわからないというお客様のサポート


ユニクロの姉妹ブランド「GU」は、若い世代を中心に、おしゃれを楽しみたい女性たちに支持されています。

ユニクロがベーシックな定番というイメージならジーユーは、「安くておしゃれなトレンドが揃う」と女性たちは評しています。


なかでも女性たちに人気なのが、「おしゃリスタ」と呼ばれる社内独自の認定資格を持つ販売員の存在です。


トレンドの商品が多数店内に並んでいても、「商品を購入したが思うように着こなしができない」「手持ちのアイテムとどう組み合わせれば、もっとおしゃれになるかわからない」といったお客様のご要望に応えたいというのが、誕生のきっかけだったと言います。


総勢500名以上のジーユー公式「おしゃリスタ」の存在


現在、全国47都道府県、総勢500名以上にのぼる「おしゃリスタ」がジーユー公式のコーディネートアドバイザーとして存在しています。

店内では、一緒にまわって洋服選びをしてくれるのです。店舗に常駐するスタイリストという感じです。


サイト上では、「おしゃリスタさんに選んでもらって買物をしました。大満足。」といった声が見られます。自分ひとりでは、いつも同じような服を買ってしまい、手持ちの服や着ている服に何を合わせるとおしゃれに見えるのかがわからないという人は多いはずです。


そんな時には、ぜひとも「おしゃリスタ」に店舗で相談がおすすめです。店内にも「おしゃリスタおすすめコーデ」といった陳列などをあちこちで見ることができます。


上下の組み合わせや小物選びなど悩んだ時のありがたい存在なのです。


おしゃリスタが主役の「お気に入り登録」できるメディア


また、「おしゃリスタ」がおすすめするスタイリングを閲覧することのできるメディア「GU STAFFSTYLING (ジーユー スタッフ スタイリング)」もあります。

ここでは、「おしゃリスタ」が、自分のスタイリングをお客様に見てもらえる場が与えられています。


「おしゃリスタ」自身がモデルとなって商品を着用した写真が日々アップされています。


その写真には、「おしゃリスタ」のいる店舗名、ハンドルネーム、そして身長が記載されています。これによってお客様が、自分と同じ身長のスタッフを見つけて着用のイメージをつかむこともできるし、気に入れば、そのまま商品の詳細を確認して購入することもできるのです


遠い店舗の「おしゃりスタ」でも、スタイリングが自分好みであれば「お気に入り」に登録することができます。

地域によって異なる気候に合わせたスタイリングや、体型の違いによる着こなし方など、自分に合った商品を見つけやすくもあります。


次回は、ジーユーの女性視点マーケティング戦略について、後編をお話しします。


下記よりメールマガジンの登録をいただくと、次号の更新をお知らせいたします。ご登録のうえ、配信を楽しみにお待ちください。



 

日野佳恵子

株式会社HERSTORY(ハー・ストーリィ)代表取締役  1990年創業 タウン誌の編集長、広告代理店のプランナーを経て、結婚、出産を機に専業主婦を経験。女性のクチコミ力、井戸端好きに強い衝撃を覚え、広告よりクチコミのパワーが購買に影響を及ぼしていることを確認。一貫して男女の購買行動の違いに着目したマーケティングを実践し、女性客マーケティングという独自分野を確立。多数のコミュニティや実店舗を自ら運営。10万人の生声、3万件に及ぶアンケート分析、5万人以上の男女購買行動を研究。


【著書】

「クチコミュニティ・マーケティング」

「女性たちのウェルビーイング」

「女性たちが見ている10年後の消費社会」等ベストセラー多数。

 

  • 女性視点マーケティングについてさらに詳しく知りたい

  • プロジェクトのご相談

  • 弊社サービスへのご質問

上記については無料相談を受けています。下記よりお気軽にご相談ください。



Mga Komento


bottom of page