top of page

2024年女性視点トレンドキーワード『人離れと人恋し。相反するアンヴィバレンツ消費』を発表。

毎年大盛況の女性トレンドセミナーを2/15に開催し、2024年の女性消費トレンドキーワードとして「アンヴィバレンツ消費」を発表しました。

2024年の消費トレンドは“3つのS”「節約(Savings)・安心(Safety)・安全(Security)」が選択ポイント

■ベースとなるのは「3つのS」


当社の調査によると、2024年の女性消費トレンドのベースとなるのは、「節約(Savings)」「安心(Safety)」「安全(Security)」の「3つのS」です。これらは、予測不能な災害や物価高騰の影響を受け、消費者の意識に深く根付いています。2023年秋のアンケートでは、楽しさを求める買い物の割合が減少し、代わりに経済的な節約や安心・安全を重視する傾向が明らかになりました。

 この背景から、「アンヴィバレンツ消費」というトレンドキーワードが浮上しました。これは、「両極端」や「相反するもの」を意味し、人離れをしたいけれども人恋しいといった両極端な心理状態を表しています。


女性インサイト 調査結果


 ■2024年の女性視点トレンドキーワード:「アンヴィバレンツ消費」の背景


・孤独と不安

SNSの普及により外部との繋がりは容易になりましたが、長引く自粛期間はコミュニケーションの質を変え、「孤独と不安」を感じる女性が増加しています。特に、未来に対する不安を強く抱える20代女性が、自己投資や投資といった新しい行動パターンを採り始めています


・つながりの渇望

同時に、人と深くつながる小さなコミュニティや個性を大切にする空間への渇望も見られます。例えば、地域コミュニティを再生するスナックや友人運営のカフェが、幅広い年齢層からの支持を集めています。これらは、人とのつながりを求める心と、個々の「私らしさ」を尊重する現代の傾向を象徴しています。


・ひとりひとり個別化

社会の流れに応じて、消費者は「自分だけの」選択を重視し始めており、これは製品やサービスに対する期待にも反映されています。人々はリアルな場所での経験を求めつつも、パーソナルな価値観に基づく消費を好んでいる傾向があります。


2024年の女性消費トレンド「アンヴィバレンツ消費」は、企業が女性消費者の心に深く響く製品やサービスを提供するための鍵となります。相反する感情とその背後にある深いニーズを理解することで、企業にはより女性生活者の心の動きに寄り添うアプローチが求められます。


■詳細記事は法人クラブ会報誌「HERSTORY REVIEW」内に掲載

2024年4月号はこちら


■⼥性インサイト研究クラブin herstoryとは


女性インサイト 法人クラブ


女性インサイト研究に特化した法人クラブのサービス。年会費税込54,000円で3つの特典が受けられます


1.女性月刊インサイトレポート『HERSTORY REVIEW』が会報誌として毎号届く

2.データの自由ダウンロード

・会報誌のバックナンバーの公開

・調査データのダウンロード、解説動画が見放題

・調査データのダウンロードおよび自由活用

3.法人会員専用LINEオープンチャットに参加可能!女性インサイトの最新情報が手元に届く





Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page