top of page

女性たちが選ぶ今年の漢字2024年は“和”! 女性インサイト総研が今年の漢字の調査結果を公開

戦争、物価高、円安などの“苦”の2023年を乗り越え平和な幸せを願う声多数


株式会社ハー・ストーリィ(東京港区:代表取締役 日野佳恵子)が運営する女性インサイト総研は2023年12月10日発刊のHERSTORY REVIEW1月号内にて「女性たちの選ぶ今年の漢字」の調査結果を公開しました。


◾️女性たちが選ぶ今年の漢字2024年は「和」、物価高や戦争などの「苦」を乗り越え平和な幸せを望む声多数!


◾️女性たちが選ぶ今年の漢字2024年は「和」、物価高や戦争などの「苦」を乗り越え平和な幸せを望む声多数!


2024年に対する希望として選ばれた漢字1位は「和」

2024年に対する希望として選ばれた漢字1位は「和」となりました。そして第2位「穏」第3位「幸」と続きました。2023年は、新型コロナウイルス感染症の再拡大やロシアによるウクライナ侵攻など、 世界情勢が大きく揺れ動いた年となりました。また、国内では、物価高騰や円安などさまざまな問題が顕在化し人々の生活に大きな影響を与えた結果が反映され、2024年は平和で穏やかな世界になってほしいという願いが込められていると推察します。



◾️新型コロナウイルスの感染拡大やロシアによるウクライナ侵攻、物価高、円安様々な“苦”があった2023年

2023年の漢字は「苦」
2023年の漢字は「苦」

2023年は、新型コロナウイルスの感染拡大やロシアによるウクライナ侵攻など、世界中でさまざまな困難が続きました。 日本においても、物価高騰や円安など、生活に直結する問題が深刻化したことを背景として「苦」という字が選ばれました。第2位は「変」第3位は「動」と続きました。

2023年の漢字は第1位は「苦」。第2位は「変」第3位は「動」と続きました。

物価高騰や円安の状況下では、価格競争に勝つことは難しくなります。そのため、新たな価値を創造し、顧客に付加価値を提供することが重要と考えられます。顧客のライフスタイルに合わせた商品やサービスの提供やデータ分析を活用したマーケティングなどが有効と言えるでしょう。


HERSTORY REVIEW 女性たちが選ぶ今年の漢字調査概要

調査期間:2023年10月19日〜2023年10月24日

調査方法:インターネット調査

調査対象:15歳以上の女性893人

調査会社:株式会社ハー・ストーリィ https://www.herstory.co.jp/

本調査のローデータ(税込33,000円)販売中:https://www.herstoryshop.jp/research


女性インサイト総研について

女性インサイトを30年以上追い続けている株式会社ハー・ストーリィの研究機関です。毎月、世代別、状態別に定量定性調査を重ね、インサイト分析を行っています。消費者動向を先読みし、企業にトレンド変化をレポートしています。


HERSTORY REVIEWについて

⼥性インサイト総研が⽇本⼥性の消費動向、市場の最新トレンドを毎⽉追いかけており結果の⽉刊レポ ートを展開し各企業のマーケティングに幅広く活⽤いただいています。本号よりHERSTORY REVIEWは「⼥性インサイト研究クラブin herstory」の会報誌となりました。


・HERSTORY REVIEWが会報誌で毎号届く、過去号や調査結果、ローデータのダウンロードも可能!「⼥性インサイト研究クラブin herstory」年会費税込54,000円(⽉払5,500円)https://in.herstory.co.jp/

・本リリースの調査の詳細は2024年1⽉号(12⽉10⽇発⾏)のHERSTORY REVIEWをご覧ください。https://www.herstoryshop.jp/review-list-new


女性インサイト総合研究所 株式会社ハー・ストーリィについて

女性のリアルな声を拾い集め、「暮らしにくさ」「生きづらさ」を解決するための商品・サービスを企業と共創し、社会全体へ循環させる「女性視点マーケティング®」を普及しています。女性は消費市場の8割に関与し、購入決定に影響力を持っています。女性の拡散行動に着目し、“子どもたちのあした”をしあわせにすることをミッションとしています。


会社概要

会社名:株式会社ハー・ストーリィ Herstory Co.,Ltd.

所在地:〒106-0032 東京都港区六本木5-11-25 鳥居坂アネックス5F

TEL:03-5775-1581

事業内容:女性視点マーケティング®事業(研究調査/専門情報出版/マーケティング支援/人材育成支援)

設立:1990年8月20日

代表取締役:日野 佳恵子



bottom of page